忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/22

セルフサービスは、果たして万人にやさしいサービスなのか

最近では、ドリンクバーのある、ファミリーレストランが増えてきました。そして、水とおしぼりも、店員が持ってくるのではなく、セルフサービスのお店が増えました。店員の仕事が軽減されたぶん、それだけ、価格が安くなりました。
それに、ファミリーレストランのドリンクバーは、様々なドリンクが楽しめます。ホットコーヒーも冷たいコーラも飲み放題です。読書をしたいときや、ちょっとした書き物をしたいときに、ドリンクバーのあるレストランは、とても助かります。何時間でもお店にいることができます。
私が外出時に杖を使うようになってからです。セルフサービスは、果たして、お得なサービスなのかと、疑問を持つようになりました。
片手に杖を持っていますから、冷たいドリンクしか持つことができません。あたたかいドリンクでは、ポットと器を一度に持つことができないのです。
それに、足と腰をはじめ、あらゆる関節と筋肉に痛みがある私にとって、椅子から立ち上がり、座る動作は、骨の折れることです。
また、歩くこともつらいので、ドリンクがある場所までが、遠く感じられるようになりました。こころゆくまでドリンクバーを楽しめなくなったのです。
冷たいドリンクをなみなみと注いで、テーブルに戻り、ちびちびと飲むというスタイルに変わりました。
一度だけ、「ドリンクをおかわりしたいときには、呼んでください」と、言ってくれた店員がいました。しかし、おかわりの度に、店員を呼ぶのは、気が引けることでした。結局は、自分でドリンクを持ってきていました。
ファミリーレストランだけではありません。ある日、立食パーティに出席したときのことです。立食パーティは、食べることよりむしろ、交流することが主体です。あちこちで、料理やドリンクを手に、立ったまま、談笑している人たちばかりでした。料理を取るにも、ドリンクを持ってくるにも苦労しました。座るスペースはあったものの、他の人たちとおしゃべりを楽しむことは、うまくできませんでした。
ふと、セルフサービスとは、健康な人たちだからこそ、できることなのだと思い知らされました。セルフサービスのお店に行くと、からだにハンディキャップのある人を見ることは、ほとんどありません。バイキングやドリンクバーを楽しみたいと思うのですが、歩行に困難があると、健康な人たちのようには、楽しめません。食べ放題、飲み放題を楽しみたくても、なかなか楽しめないのです。
からだが不自由な人でも楽しめる、ファミリーレストランやバイキングのお店があってもいいように、思うのです。
持ち運べる無線LAN(WIFI)の選び方・持ち運びwifiルーター
PR

2015/10/01 未選択 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新コメント
 
 
 
最新記事
 
(02/25)
(10/01)
(06/08)
(02/18)
(11/27)
 
 
プロフィール
 
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/17)
(08/26)
(09/02)
(11/27)
(02/18)
 
 
P R